直島#2

2013/08/03 Sat 15:34

直島旅行続き。

【家プロジェクト】
ieproject.jpg

使われていない古民家を改修&改造してアート作品を展示しているプロジェクト。
普通の家が立ち並んでいるところに建物があって、
地図を見ながら場所を探すのが地味に楽しかったです。

今回見たのは家プロジェクトの共通チケットで見れるぎんざ以外の6軒。
それぞれ面白かったんですが特に良かったのは下記2つ。

※中は写真NGで外観しか写真撮れなかったので
写真は外観が面白かった所だけ載せてます。
空家改装してるから外観はいたって普通の民家だったのよ・・・。

・角屋
真っ暗な部屋の中央に水が張ってあって、その中に光る数字が無数にちりばめられてます。
入り口付近は多少明るいので数字のパネルやら配線がうっすら見えちゃいますが
奥の方は結構真っ暗なので数字だけが光ってゆらゆら揺れててキレイでした。
水の音とも相俟ってとても涼しかったです。
(この日がうっすら汗ばむような暑さだったのでホント涼しかった)

・南寺
ここはジェームズタレルの作品があるところ。
地中美術館同様、ネタバレ無しで見た方が絶対イイと思うので詳細は書きませんが、
係員の人が「手入れていいですよ」という所がありますので
そこはぜひ手を突っ込んどいてください。

ここも一度に入れる人数に制限があるので並んでたりしますが
個人的にココが一番面白かったのでぜひ!

順番待ちしてる間、ちょうど見終わった外人さんが出てきたんですが
「amazing !」
って言っててどんなんだろうと思ってたらホントにamazingでした。



あと作品とは関係無いけど、この家プロジェクト、
空家を使ってるので本当に隣は普通の住宅だったりします。
家プロジェクトの建物を探して歩いてる時に
家の中を写真に撮らないでとかここから先は私有地だから入らないでとか
注意書きを書いてる家をちらほら。

たぶんこの家プロジェクトのおかげで観光客はすごい増えたと思うけど
今まで普通にそこで生活してきた人はどう思ってるんだろうなぁとふと考えたり。

今までのんびり生活してきたのが、観光地が出来て
急に家の周りを行き交う人が増えたら正直その環境の変化には戸惑うだろうな。

もし自分の家の近所にこういう場所が出来て
知らない人が庭に勝手に入ってきたりされたらと想像したら
下手するとこのプロジェクト自体が嫌いになりそうだな( ;´Д`)

観光地といえどこういうすぐ近くに民家がある場合は
観光客といえど人様の生活圏にお邪魔してるって考えを持っておかないとダメだよなと。
楽しみたいなら楽しむ方もマナーやルールはちゃんと守らねば。

作品自体はとても面白かったけど観光地と住民の関係について
いろいろ考えさせられた家プロジェクトでした。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示